特定非営利活動法人(NPO法人)日本伝統医療評価機構
特定非営利活動法人(NPO法人)日本伝統医療評価機構
設立の趣旨
1.量から質への転換
(1) 施術所の急増(厚生労働省資料)
設立の趣旨
平成8年末
平成18年末
@柔道整復
21,412
30,787
Aはり・きゅう
44,016
52,311
Bあん摩、マッサ−ジ、指圧
21,199
21,822
※A…はり及びきゅうを行う施術所、あん摩、マッサ−ジ及び、指圧、はり並びにきゅうを行う施術所を合算したもの
(2)就業者の急増(厚生労働省資料)
平成8年末
平成18年末
@柔道整復
28,244
38,693
Aはり・きゅう
68,214
79,932
Bあん摩、マッサ−ジ、指圧
98,070
101,039

2.柔道整復師等医療従事者の質の向上
(1)柔道整復師の臨床研修受講率が低い(使命と自覚の欠如)
(2)関係法令からの逸脱行為の増加(倫理の低下)
(3)位置づけ、役割が法律、保健医療計画等に未記載(医療分野の地位不明)
 
3.施術所の質の向上
(1)領収書の自主的発行…22%
(2)一部負担金の相当額の正確徴収…55%
(3)予約施術(診療)の完全実施…13%
(4)「患者の声」調査の実施…3%
  ※平成18年9月、「施術所機能に関する実態調査」の結果から

 連絡先:特定非営利活動法人 日本伝統医療評価機構
 東日本事務局
 〒141-0031東京都品川区西五反田7丁目22番-17号TOCビル8F
         TEL03-5745-9091/FAX03-3490-8300
 
西日本事務局
 〒530-0057大阪府大阪市北区曽根崎二丁目2番1号梅新21ビル
         TEL06-6315-5564/FAX06-6315-5564
ごあいさつ
設立の趣旨
役員一覧
柔道整復施術所評価制度
(種別・J)の概要
柔道整復施術所評価制度
(種別・K)の概要
申し込みから認定までの
ながれ
申し込みの手順・方法
自己点検結果票(様式1・様式8)
のダウンロードはこちらから
施術所評価事項・項目

Copyright (C) 2012 NPO日本伝統医療評価機構. All Rights Reserved.